スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンタクロースは卓球界を応援しています。

文学フリマに行ってきました。(http://bunfree.net/)

しりこだまさんが来る。 行く理由としては十分すぎるものがありました。

11時開場ということで12時くらいに着けば大丈夫かなと思い家を出たんですけど、
駅に着いたら定期を家に忘れたことに気づいて、戻るのも面倒だったので切符を買ったら券売機の近くにいた全然知らない子供に横からなぜか領収書のボタンを押されて、(全然知らない子供に領収書を発行される時間なんなんだ)電車に乗ったら電車が人身事故で止まり、暇過ぎてやってた面白くないビリヤードのアプリで神scoreを出しました。

倍以上の時間がかかりさらにモノレールにも乗ったので小旅行でしたが会場の流通センターはすごく親切に建設された建物で駅から徒歩10秒。

徒歩10秒の会場に向かう途中、徒歩5秒くらいのあたりでフードファイターの岸義行を見ました。
皇帝・岸義行。 熱いものを食べるときは口に水を一回含んでから食べるというスタイルの岸義行。
1VS1の食べ物選択式大食いバトルでそばアレルギーの相手に対して躊躇なく「そば」を選択した岸義行。

岸義行は僕と逆の方向に歩いていったので僕が来たと同時に帰ったのかもしれません。
カツアゲされた後くらいシャツがよれてて笑いました。


さっそくしりこだまさん達のブース「A4しんちゃん」に行くと「売り切れ」の文字が。
開場してすぐ行列が出来てすぐ売り切れてしまったそうです。残念。
通販をしていただけるとのことなのでGETできなかった皆さんと僕は安心しましょう。

ただなにはともわれ、こだまさんに会うという目標が達成できました。
たいした挨拶も出来ずでしたが「好きなの持っていってください」と無償でポストカードをくれ、年末年始に炊き出ししてるアントニオ猪木とホームレスのようなやりとりをできて感無量です。

文学とは無縁の生活をしてきたせいで会場に行くまでは「家が近くてプールがない」という理由だけで来ている人が9割だったせいで知り合いが一人もいなかった高校入学時と同じ不安があったんですが、A4しんちゃんのブースは文学感がいい意味で0だったので「ズッコケ三人組」と「かいけつゾロリ」だけで育った自分にもホッと出来る空間でした。

完売おめでとうございます。こだまさんこれからも応援してます。



直泰さん&ちん花さんの本を買い、文学フリマを出て、




風俗に行きました。














思いの外早く会場を出てきてしまったので、家に帰るのもなあ。とフラフラしてたら風俗に行こうと思いついたので行きました。

フラフラしてて風俗に行くのは2回目で今までで風俗に行ったのが今回含めて2回なので風俗ってそういうときにいくものなのかもしれないです。


ゴールデンウィークで人がごった返す中、以前ブログに書いた初ピンサロのときの初々しい気持ちはなく、「俺は一回風俗に行ったことがある」という「盲腸で入院したことがある」くらいどうでもいい自信になぜか満ち溢れていました。


なにかに満ち溢れた青年はやはりなにかを引き寄せるのか、草根をかき分け風俗ありそうな道へと進んでいくと一人の男性に声をかけられました。

「今とかお暇ですか」

100%風俗のキャッチだ!と思ったんですけど、もちろん風俗のキャッチです。

キャッチに捕まってまんまと風俗行くのってどうなんだろうと思って、
「GWですね~」という本日の情報を言うことで切り抜けようとしたんですけど、「GWなので安くしますよ」と安くするスイッチを押してしまい「さすがGWといったところですね!」と本日の情報の一点張りをしてたんですが、並走して歩かれるうちに「ここです」とお店の前になぜか到着してしまいました。


こっちです。で道案内されるんじゃなくてここです。でいつの間にか着いてるって怖すぎませんか?

容易く誘導されてたんでしょうか。蟻だと思ったのかな。


とはいえ奇跡の「0円」がありえるんじゃないかというくらい狂ったように「安くする」と言う機械だったので、まあいいやと入店しました。

入店すると掃除用具箱みたいな狭さの空間で店員が指名の有無を聞いてきました。
ああ知ってる知ってる。指名すると指名料が発生するんだよな。と前回で得た4つくらいの知識のうちの1つで乗り切り、中に案内されます。 前金で6000円でした。(0円じゃなかったです。)


中へと進みカーテンで仕切られた席に案内され、女の子が来てこんにちはとお辞儀をしてから気づいたんですがここはなんのお店なんだろうか。なんのお店かをここで疑問に思うの今考えたらバカ過ぎなんですけどそのときは聞くは一時の恥だよなとかを考えるのが精一杯だったので恥をしのんで女の子に聞いてみました。

「ここってどんなことをするお店なんですか」

「ここはマッサージとかをして、最後エッチなこともちょっとするお店だよ」

正直全然なるほど。と思わなかったんですけど、なるほど。と返すと

「じゃあ準備してくるから全裸になって待っててね」

と言われて、僕は真面目なので全裸になって待つことにしました。



謎の粉を持って再登場した女にうつぶせに寝かされてどこが凝ってますかと聞かれ、足ですかね?と答える僕。

足に謎の粉を塗ってマッサージをする女。

これといった会話もなく、足ですかね?と足を選んでしまったせいで女性が遠く終始女性を目視できない僕。

力の強弱が全くなく、優しすぎる力で「ただ添えるだけ」というマッサージの常識を覆したマッサージをする女。




長いノリツッコミ待ちなんだろうか。 なんの時間なんだ。

どうしたらいいんだ・・・・・・・と困っていると



満を持して「スポーツとかやってたんですか?」

と質問を投げかけてきたので、「競輪を、やってます」と今までついたことないタイプのウソをついてしまいました。


地獄のような「無」の後、じゃあ仰向けになって。と言われ耐えてて正解だったんだとようやく性の時間が動き出します。


競輪をやってる。としかまともな会話のキャッチボールをしてないんですが勃起はちゃんとしてて、わあ。とリアクションされローションをちんちんの先につけられた後、

風俗嬢から衝撃の言葉が。




「ここでSTOPです」





ゴチになりますの収録に瞬間移動したのかなと困惑していると、


「ここでSTOPになります」ともう一度言われました。


ボードの方の「人生ゲーム」で、結婚をするマスあるじゃないですか。
あそこは「全員STOP!」って書いてあるので必ず止まらなくちゃいけないんですよ。
人生の中の一大イベントという意味では結婚も風俗も一緒ということなのかな。
一度立ち止まって喜びをかみしめるべき。心の準備をしっかりとした上で楽しもう。

深呼吸した上で力強く準備OK!と親指を差し出してみるとどうやら違かったようで「これから先は別料金が発生します。」とのことでした。


どこから出して来たのかわからないコース表を見せられ、一番安くて15000円を取られることが分かりました。

ゴチになりますの設定金額みたいな値段本当に払いたくなかったんですが、払わないという選択肢はなく、さっき勢いよく出した親指をしまい忘れるくらい呆然としたまま「はあ。」とピタリ15000円を払うことになりました。


一応お金を払うと決まったからには射精へ導いてくれるらしくちんちんをいじってくれたのですが、
「俺は今、平井理央とSEXをしている」と思うことで15000円の元を取ることに必死でした。

平井理央とSEXした後、少し冷静になれたので「いい商売ですね」と完敗宣言をすると、「えへへ」と言われました。

えへへ。じぇねえよと思ったんですが平井理央なのでOK。

15000円は人を強くするのか、「ここはなにをするにも別料金がかかったりするんですかね?」と聞くと「基本的にはそう」と答えてくれたので財布から500円を取り出し、「500円出すので自分が今一番自信のあるモノマネを披露してもらっていいですか?」とお願いしてみました。

果たして15000円を失った悲しみはさらにお金を出して埋めることが出来るのか。


「いいよ。」と渋ることなく快く承諾してくれ、披露してくれたモノマネ




「ポケモン、GETだぜ!!!」





この世に幾多のモノマネがある中、風俗嬢が選択したモノマネは「サトシ」でした。
もしかしたらめちゃくちゃいい奴なのかもしれない。

ポケモントレーナーに悲しみを埋めてもらう経験もう2度とないなと考えたら貴重な体験です。
結果損しかしてないですけど、大金払って最終的にサトシのモノマネ見せられた出来事は永遠に忘れない気がする。モノマネは似てませんでした。

(ちなみにその後700円出して金玉を斎藤佑樹が持ってる球種全部の握りでそれぞれ握ってもらったりもしたんですがそれは全然良くなかったです。)


「カスタムロボ知ってますか?」「えー知らない。」というカスタムロボについての質問も終えたところで時間が来てしまい、黒服の人に連れられてATMに行くという怖すぎの後、ようやく僕の風俗2回目が終わりました。




1回目に比べて激動すぎました。


風俗だけに言えることじゃないですがキャッチに捕まるのはダメです。
今回みたいなことがなくても結果的に得をするということは絶対にない気がします。


平然とお金のやりとりをしてるように書きましたが、
窃盗をしてしまうんじゃないかってほどマジでお金がなくなってしまいました。



窃盗してしまうくらいお金がない状態で、今日、アイドルのライブがあるので行ってきます。

窃盗しませんように。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

カシス

Author:カシス
23歳

TKOが乗ったことのあるスノーモービル

ツイッター
「kasisukoon」

メール
kanbasikunaikoto@gmail.com

月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Twitter

kasisukoon Reload

最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。